ジャケ借りした本

今月初めに、図書館が開館したので 読みたい本を書きとめておいたメモを 握りしめ、週一ペースで通ってしまった。 予約の本と、メモしていた本を借りた中で 唯一、ジャケ借りしてしまった本が一冊。 子ども図書館の入り口に、 表紙を見せて並べてあった本の…

今日は旧暦では、端午の節句

夏至も過ぎて、激しい雨が降った今日は 旧暦では五月五日。 今年は、四月が二回あったので、かなり遅めの 端午の節句となった。 しかし、もともと、梅雨時に無病息災を 願う節句だったらしいので、季節感としてはこれでいいのだ。 よもぎをたくさん摘んでき…

今日は夏至…だった

日食に気をとられたか 夏至だということをすっかり忘れていた。 憶えていても、これといってすることはないのだが。 それにしても、晩御飯、餃子作って食べてしまった。 もうちょっと、なんか「らしいもの」にすればよかった。 明日からは一日ごとに太陽が早…

間違い訂正①&ナワシロイチゴの花

勘違いとか、思い込みとか、うっかりとかで ブログにちょこちょこ間違いをかいてしまう。 気がついたら訂正するのだけれど 気がつかないまま、何年もたってしまうこともある。。 今回、いくつか重なって気がついたので 「ていせいはじめました」シリーズを… …

野イチゴジャムとスプーンおばさん

先週、目星をつけていたナワシロイチゴを摘んできた。 ジャムにした。 これは火にかける前、砂糖も入れる前の写真。 とてもきれいな赤いジャムに出来上がったのに あんこみたいに見える写真しか撮れなかったから。。 ジャムを作ったので、コケモモじゃないけ…

回文 その7

シリーズものとしては、一番回を重ねているような気がする 回文シリーズ。 まずは妹作。 シシノイカルカイノシシ 獅子の威借るかイノシシ 控えあろう~! この紋所が目に入らぬか! 頭が高い! 獅子の御威光は効果抜群なのだ。 前回、カブトトトブカをくれた…

育てピーマン…六月の庭

ピーマン。 背丈はのびたが、花が咲いても落ちてしまい実がつかない。 やっぱり、肥料不足だろうかと、追肥してみたけれど。 日当たり不足かもしれない。 数年前にも、オクラは育たなかったのを思い出す。。 オクラもあんまり大きくなってない。 が、もうひ…

ハルちゃんとヒメちゃん

ハルちゃん…ハルジオン。 ヒメちゃん…ヒメジョオン。 この二つの植物のかわいい見分け方をネットで見つけた。 NEW草花遊び研究所のinoriさんという方が 学生時代に先生に教えてもらった見分け方だそうだ。 ハルちゃんは町娘 ハルちゃんは早起き(早く咲く…

五月の庭の花

ちょっと油断していたら、ガクアジサイが咲いていた。 白い花…じゃなくてこの部分はガクらしい。 ダンスを踊るユキノシタ。 みんなで踊ろう。 踊り終わっても涼しい顔。 ピーマンの白い花も咲いた。 食べられるくらいに育つといいな。 庭の花は、春のピンク…

初夏がすぎないうちに

初夏まっただなかというのに、 今日は歩いたら、汗だくになってしまった。 すぐ、梅雨になり夏になりそうだ。 連休前から連休中にかけての写真、まだ間に合うか。 まずは、連休前の曇久里森で出会った、カワセミ。 ぼけぼけだけど、ここで出会ったのは初めて…

回文 その6

友人にたくさんもらった分から、二題。 モメルメモ もめるメモ 確かに、午後7時だった! いいや、午後9時! あちこちに、メモを書き散らすのはやめよう。 数字の走り書きもやめよう。 メモがもめるから…。 ルスニナニスル 留守に何する? 齧ろうかな。 削…

よもぎは仲間が多いらしい

たいてい、散歩に行くなら、曇久里森方面なんだが 先日は、雨があがったちょっとの間 降りだしても、すぐ帰ってこられるように 曇久里森方面とは反対側の近所を、くるりと回ってきた。 街路樹の根元によもぎ発見。 これ! 私が、思っていたよもぎは。 曇久里…

茶房くろねこで、「ジョンがごちそうになったサンドイッチ」をどうぞ。

ひさしぶりの「本の中のおいしそうなもの」シリーズは 「ふくろ小路一番地」イーヴ.ガーネット作にでてくる 「びっくりするほど上品なサンドイッチ」。 今までの「本のなかのおいしそうなもの」は、どれも 長いこと愛読している本からだったが、 今回は、一…

今日は旧暦四月一日、衣替え

現在は年に二回しか、衣替えと言わないけれど 昔は年に四回、衣替えをしていたらしい。 前にも書いたけれど、仮名四季往来によると けふから五月四日まで袷を着まいらせ候 けふより足袋をばはき候らはず候 今日から袷って?今まで何を着てたんだ?と 初めて…

号外! 実在したカイハンブンハイカ! 

どこか探せばいるかもしれないと冗談半分で 書いていたが 「いたよ!」との情報がやってきた! なんでもそれは、テレビの古代生物特集を見ていたときに 出てきたらしい。 チョッカクガイでイカやタコの仲間。 おー!まさにカイハンブンハイカ。 検索して見た…

回文 その5

やっぱり、家にいる時間が長いせいか 回文シリーズが、着々と回を重ねている。 イカシリーズ。 カイハンブンハイカ 貝、半分はイカ 世界じゅうの海を探したら ひょっとしたらいるかもしれない!? イカツカイ 烏賊使い これは珍しい、烏賊の曲芸。 得意技は…

今年初めてのツバメ

先週、ツバメをみつけた。 ちょうど、七十二候の玄鳥至(つばめきたる)。 曇久里森からの帰り道、いつもと違う道を、通って帰ってよかった。 曇久里森は、樹々がやわらかい緑になっていく。 そして、もう飛んで行ったのかと思っていたシロハラは まだ、たく…

回文 その4

ユキハキユ 雪は消ゆ サクラが咲いたら、雪もとけて春だ!と、描いていたのだけど、 先日、関東ではサクラに雪が積もっていて、あららと思った。 が、春は春なんだ。 雪が積もらない地域に住んでいるから、雪どけの実感がないなぁ。 これで、以前友達にもら…

三月に曇久里森で会った鳥

お腹ぽっちゃりシロハラ。 小さく写ったシロハラを無理やりトリミングしてみた。 この冬は、あちこちでよく見かけたシロハラだけど おととい行ったときには、もう一、二羽しかいなかった。 ぽっちゃりお腹で、もう飛んで行ったのかなー。 さて、おとといとい…

明日は、旧暦、桃の節句

曇久里森には桃の木がないのが残念だが 山桜はある。 満開。 下を通ると、桜餅の香りがした。 あまり人が通らない細道に入ってみると なんと、クサイチゴ発見! ひゅぅ~♪ 西洋タンポポも。 陽ざしはまさに春。 ひな祭り日和。 お昼は閉店中の茶房くろねこに…

花とルマロン

かりんが咲いた! 明日は春分の日。 春になったな。 さて、ルマロンとは。 なにやら、おいしそうでもあるが 実は、こんな言葉はない。 息子がまだ、小さかった頃、一緒に、二文字しりとりをしていて 私は、「ルマ、ルマ…」と詰まってしまい、 思わず作った造…

庭に咲いた花

うちの庭のかりん。 つぼみがふくらんだ。 かりんのつぼみはお菓子みたいだ。 ひらいたら、おもちゃみたいな花が咲く。 毎年、楽しみだ。 庭にミニ水仙を一株、植えていたのだが 今年は、4本咲いた。 ひょっとして、これ、増えるのだろうか? どうして、こん…

回文3

絵にするのが難しくて、残っていた三つのお題 そのうちの二つ。 スナノナス 砂の茄子 あれは、いつの夏だっただろう。 山なんて、簡単すぎる。 砂の城?当たり前すぎる。 作るならこれ!だろう、と、夕暮れまでにぎわう浜辺で ひたすら茄子をつくったのは。 …

二月の曇久里森

青空に誘われて、ひさしぶりに散歩した。 白梅はほとんど散っている。 花はないのに、香りはまだあたりにたちこめている。 紅梅は半分くらい残っている。 メジロ。 おいしいんだろうなー。 シロハラ、ツグミ、ヒヨドリ、スズメ、ジョウビタキも食べに来てい…

豆まきはいつ?探索報告

予約した本の順番が回ってきたということで 図書館に行き、ふと壁に目をやると 調べもの手伝いますとの張り紙が! そういえば、そういうコーナーがあったんだった。 早速そこへ行き… かくかくしかじか、節分と豆まきと正月とうんぬんうんぬんと しどろもどろ…

二階の妖怪

うちの二階には妖怪がでる。 水気もないのに水たまり。 座っていただけで、トレーナーに穴があく。 つっかい棒をしていた引き出しが開き なかのものが出てきてズタズタに… すべて妖怪餡泥の仕業なり。。

今日は節分&明日は立春 

鬼は外!福は内! 豆まきはしなかったけど、大豆は食べた。 年の数、ちょっと鯖読み気味だが、 福は、きっと来てくれるよね。 明日は立春。 一週間、雨続きだったが、ものともせずに満開の梅。 ピンボケだけど、それもかなりなピンボケ写真だけど メジロが端…

あけましておめでとうございます!

タイトルは勘違いではない、今回は。 今日は旧暦の一月一日。 今年は、立春よりはやい正月だけど (旧暦の正月が、立春前になる年と後になる年は半々くらいらしい。) もう、初春らしく梅が咲いている。 (ここ数年、暖冬で驚くほど梅の開花は、はやいが。)…

勘違いからジンジャーエール

先日、くたびれたなぁ、今日はパンとスープで 簡単に晩御飯をすまそう、と… 冷凍庫でみかけていたマッシュカボチャを常温解凍していた。 ↓ 待ってる間にうかぶ晩御飯脳内イメージ 楽しみ、楽しみ。そろそろ、いいかな。 ええっ! これは、すりおろししょうが…

歩くアンディ

初めてのアンディの動画。 動画の切り取り方を覚えたので まずは試しに一つアップしてみた。 歩くアンディ 曇りの日だったので、ちょっと、薄暗いな。 こんな感じで、アンディは歩く。 拾った子猫の時、匍匐前進しかできなかったことを思うと これでも、上々…