草木

ゆかりとヘクソカズラ

さすがのこの暑さで なにより、好きなご飯を食べたくない。 食欲がないわけではない。 ソーメン(そりゃそうだ。)とか、スパゲティ(やや不思議やや納得)とか ラーメン(熱いのに、なぜだ!?塩分か?)とかは、食べたいと思うので。 しかし、ゆかりご飯は…

今年の梅干し

土用に干して 只今、容器に行儀よくおさまって 来年を待っている。 五キロくらい漬けていたころのザルと容器なので 一キロだと、ガラガラでちょっとさみしい。 それに、あっというまになくなりそうだ。 来年はせめて二キロ漬けよう。 今年は、とても久しぶり…

夏なんだが…

へんなタイトルにしてしまった。 まるで、夏なのに暑くないといわんばかり。 いやいや、とんでもなく暑い。 Tシャツは汗でぐっしょり、よろよろなのに。 …なのに、八月に入ってからは、夏の頂点を過ぎ ゆるやかに秋に向かっているという気配を感じている。 …

毛皮は暑い

梅雨が明けたと同時に、蒸し暑い日々になった。 毛皮着てなくったって暑いのだ。 例年通り、保冷剤を抱え込む。 今年はなぜか、爪とぎの上にのっていることもある。 うおーと大あくび。 毛皮を着てないくせに、私は曇久里森の木陰に涼をとりにいく。 ちょっ…

梅雨のあいまのよしなしごと

小さいみつばを、庭で見つけた。 山から採ってきたみつばが、ひょろひょろと伸びて 花をつけているのは気がついていたが いつのまにか、種をとばしていたらしい。 この調子だと、あちこちから みつばがでてくるかもしれない。 楽しみ。 気温のせいか、湿度の…

昨日は夏至だった。

気持のいい夕方。 今日は夏至だったんだと、思い出した。 夏至と言っても、子供のころから、行事だの なにか食べただのという記憶はまったくない。 それより、夏至と言えば、スウェーデンでしょ、 リンドグレーンでしょ、と、思う。 私は、こどものころは、…

梅雨のあいまの保存食

梅雨というほど、雨が降らない。 これがほんとの五月晴れなんて、うかれて散歩している場合では ないのだが。。 またしても畑の帰りに摘んだ野イチゴ。 火にかける前、砂糖をまぶしておいておく間に ついつい味見で、ちょっと減った。 半分くらいそのまま食…

旧暦では端午の節句

仮名四季往来によると、菖蒲のご祝儀の日。 菖蒲やよもぎを家々に挿すこと 端午の暁によもぎをとりて居間に掛け 軒に飾れば悪風をはらふといへり 推古天皇のころより、菖蒲の酒をのみ 薬玉を肘に掛けて悪鬼をはらふ …のだそうだ。 ちまきも由来が書いてある…

畑のそばには…

畑には電車を乗り継いでいくのだが 乗り継ぎに便利なようにはダイヤが組まれてないので 結構、一駅歩くことが多い。 大きな池のある公園のそばを、通るので 歩いたほうが気持ちがいい。 暑かったり寒かったり 重い荷物があるときは別だけど。 そして、そうや…

近場の新緑

連休中はおとなしく家の周りでうろうろ。 カエデの種がかわいい。 梅! 不明! ガクアジサイのつぼみ サンショウ 今年はまだアゲハの幼虫がいない。 アメリカフウロ ハハコグサ?チチコグサモドキ? カエデ、ウメ、不明、は、近くの公園。 ガクアジサイ、サ…

明日は旧暦の桃の節句

小さな博多人形のお雛様。 こっそり、ひそかに旧暦で行事をする運動、継続中。 しかし、先週、仕事でお伺いしたお家、二軒とも絶賛ひな祭り中だった。 やっぱり、福岡は節句を旧暦ですることが多いようで 全然、こっそりでもひそかにでもなかった…。 さて。…

トオリヌケキを通り抜ける猫

路地にみえるが行き止まり。 それになによりうちの庭だから、トオリヌケキ(ンシ)。 チェーンをかけてからは間違う人はいなくなった。 これこれ、通り抜け禁止だよ。 え、なんですか?と振りむくタビちゃん。 足先が白いので、勝手にタビちゃんと呼んでいる…

茶房くろねこ まかない早春膳

開店休業中の、茶房くろねこに新鮮な野草が入荷いたしました。 ひさしぶりのお品書き。 和え物 カンゾウの酢味噌和え 煮物 ふろふき大根にフキ味噌 炒め物 つくしのバター醤油炒め てんぷら つくし フキノトウ ユキノシタ カンゾウ デザート ヨモギ団子 フキ…

昨日は啓蟄&白菜変化

二十四節気の中でも、なんとなく、贔屓だったりするものがあって 啓蟄はそのひとつ。 地面もわくわくしてそうな、うちの庭。 ミニ水仙 採ってきたセリが茂ってきた。 やっぱり、ニラだった。 さて、虫と言えば。 うちの畑の白菜。 減農薬のため、どれも虫が…

小春日和の曇九里森

最寄駅から、ちょっと、寄り道したい陽ざし。どんぐり。紅梅。猛獣。小春日和超えのお天気で、風が違う。

一日遅れの、旧暦では小正月

私は、今まで小正月だからとなにかしたというおぼえが ぜんぜんない。 うちだけだったのか、土地柄なのかよくわからないけど。 が、「仮名四季往来」に書いてあったので 今年はじめて、小豆粥をつくった。 あんまりきれいな赤にはならなかった。。 「仮名四…

節分 立春 旧正月 

今日は節分、明日は立春、明後日は旧暦の一月一日だ。 旧暦で行事をしよう運動をこっそりブログで やっているが… 節分は、旧暦であろうと新暦であろうと、 立春の前日なので、変わらない。 しかし、ここで問題が… 旧暦では立春から新年のはず。 その前日とい…

セリご飯とクレソンサラダ

セリご飯とクレソンと大根のサラダ。 相変わらず、あんまりおいしそうに撮れてはいないけれども 実際は、おいしかった。 おいしそうに撮るのは難しい。 しかし、おいしそうに撮れているのに、 食べたらおいしくないというのよりは、いい気がする。 言い訳。…

梅、もう八分咲き&アンディの悪行

梅の香りが好きだ。 ぼーっと花を見上げると 空が青い。 いい気分で、家に帰ると… あれまー。 よそ行きセーターの袖が齧られている。 その上、ネロネロ。 毛糸の帽子も齧られている。 アンディに食べられた。。。 届かないはずのところに置いていたんだが 毛…

木の実や草の実

仕事場の庭や、畑のそばや、近くの公園や、 ちょっと遠くの公園でみつけた。 店休中の茶房くろねこ、定番メニュー。 ノブドウ。 この前見つけたのより、きれいだ。 赤い実。 何の実かなぁ。 カリン。 よい香りが部屋中にいっぱいになっている。 しいの実。 …

今日は 旧暦 重陽の節句

節句は旧暦で祝いたい運動を密かにしているこのブログ。 七夕は忘れてしまったが、 今回は、忘れないようカレンダーに丸をつけていた。 大きく写ってしまったけど、小菊。 仮名四季往来によると 九月になって袷に衣替えしたが 今日からは、小袖になると。 た…

昨日は暑い寒露だった

二十四節気では、昨日は寒露。 しかし、昨日は寒露という言葉に全く似合わない暑い日だった。 しかし、暑いと言えども、風は秋らしくさわやかに吹き抜ける。 空も雲も、高い。 細長目のカラスウリ? 虫の声もよく聞こえたから、やはり秋になっているのだ。 …

畑で見つけたアオスジアゲハ

アオスジアゲハはそんなに珍しい蝶ではない。 …が、私がきれいに撮ることができたのは珍しい。 このところ、ほどよく雨も降って心配なかったが 台風の前に発芽したばかりのニンジンにかぶせていた乾燥除けの 網をはずしに畑に行った。 大根はまびいて食べる…

九月の庭

朝顔。一つ二つ、毎朝咲いている。 バジルを植えていた植木鉢から何やら出てきた。 なんとなく秋っぽいので育ててみる。 バッタ。 今まで大きいのしか見かけなかった。 小さいのはオスらしい。 王子到来! この青が好きだ。 先日の夜のこと。 路地を歩いて帰…

バッタも処暑

今年の夏のあまりの暑さに、バリバリになった青じそ。 葉っぱがやけに、かたくてバリバリになってしまった。 それでも、香りはいつもの青じその香りがする。 葉っぱの上にバッタ。 ひょっとして、青じそを食べているのか? かなり葉っぱに穴が…。 今朝も朝顔…

夏休みの工作

残暑見舞い用(仕事用)の消しゴムハンコを作った。 こういうのは仕事用とはいえ、楽しい。 あれこれ三つばかり試作して、写真のハンコを採用した。 私の、夏休みの工作出来上がり。 小学生のころ。 終業式の帰り道、夏休みの工作は何を作ろうかと 帰り道、…

八月七日は立秋

立秋と言ってもね…という暑さだが 日が短くなっていってるのは、間違いない。 猛暑の中に、秋がひそみはじめたような気がする。 そう思いたいだけかもしれない…。 今朝、初めて咲いた朝顔。 今年初。 明日は、赤い朝顔が何個か咲きそうだ。 すっかり出遅れて…

夏至だから、善は急ごう

今年最初の、つゆくさのはな。 朝、プランターの水やり中に、みつけた。 早朝までの雨に濡れている。 善は急げ、で、何を急ぐのかというと 「四季仮名往来」から、なにか関連あることを書こうということ。 なにも、冬至まで待つこともないかと。 …しかし、急…

梅シロップ&梅みその味見

5月20日ごろに漬けたので まだまだじゃないかと、思いながらも、味見してみた。 梅シロップは、炭酸で割った。 もう、おいしくなっている。 梅みそは、ほんとは半年くらい寝かせるらしいが、ちょっとだけ、味見。 もう、結構なじんでいておいしい。 梅み…

小満

花が咲き始めたガクアジサイ ブログで、二十四節気の日には更新しようと 決めたおかげで、初めて知った小満という言葉。 秋に植えた麦が穂をつけ、ちょっと、ほっとしたから 小さく満足で、小満だとか。 実際、麦が無事に穂をつけたら、ちょっと安心どころで…