読んだ本

読んだ本  書店ガール

碧野圭 著 冒頭の結婚式のシーンから、先輩社員と後輩の激しいバトル。 しかも、女性同士で、 しまった、こんな話だったのか、借りなければよかったか?と思った。 しかし、いつもいい本を紹介してくれるSNSの友達が 面白かったと書いていたのだから~と …

読んだ本  冬虫夏草

梨木香歩 著 家守綺譚の主人公、綿貫征四郎が書いた本…ということで 書きすすめられている。 家守綺譚の続編とおもってまちがいない。 家守綺譚は、私の好きな本、ベスト3にはいるくらい 好きな本だ。 そして、この本はほぼ、家守綺譚の雰囲気のまま進む。 ……

風景は百姓仕事が作る

宇根 豊 著 著者は、福岡で 農業改良普及員だったのち 減農薬運動をはじめ 「農と自然の研究所」を設立、 今は念願の百姓に専念、とプロフィールにある。 多分、この著者名はペンネームだと思うのだが。 畦 豊か。 勝手な連想。 この本を一口で説明するのは…

読んだ本 くつなおしの店

アリソン アトリー 著 珍しく絵本を借りてきた。 絵は こみねゆら という日本の画家が描いている。 けど、なんだかイギリスっぽい。 くつやさんと妖精の話なのだが 寝てる間に、靴を仕上げてくれるという小人の話とは ちょっと違う。 違うけれど、昔話っぽい…

読んだ本  陽だまりの彼女

越谷オサム 著 ちょっと前に、松本潤と上野樹里主演で 映画化されていて、CMを見るたび ビーチボーイズの素敵じゃないか♪がかかっていて 気になっていた。 「いとみち」の作者だけに、ビーチボーイズファンの 登場人物がいるんだろうな、という予想は大当…

読んだ本 猫を拾いに

川上弘美 著 クウネルに連載されていた短編集 読んでいるときに、小説の長さから、ひょっとして?と思っていたが 巻末をみて、やっぱり…と。 クウネルは3,4冊買ったことがあるけれど たまたま、そこに載っていた小説はどれも不思議がないものばかりだった…

このごろ読んだ本 博多豚骨ラーメンズ

木崎ちあき 著 友達のフウガさんに借りた本。 えっ~と。 これは、自分は面白く読んだんだけど 人がバンバン死ぬし、ネットの書評にも荒唐無稽と さんざんに書かれていたりするんですよぉ。 そのつもりで読んでください。と貸していただいた。 で、ほんとに…

このごろ読んだ本 センセイの鞄

川上弘美 著 参加しているSNSの読書会の選書。 私が選書した。 読み返したくなったので。 感想は読書会に書き込んでいるので 終わったら、書いた分をコピペする予定。

このごろ読んだ本 十一月の扉

高楼方子 著 たかどのさん、二冊目。 中学生の女の子が主人公。 父親の転勤をきっかけに、二ヶ月だけ、下宿生活をする。 十一月荘で。 ここにいる間に、彼女はノートにお話を書く。 その書いた話と現実が、不思議なリンクをして…。 これはファンタジー度合い…

このごろ読んだ本 ノボさん

伊集院静 著 二年くらい前に、NHKのドラマ「坂の上の雲」をみて 正岡子規のことは少し知っていた。 ただ、「坂の上の雲」は正岡子規と秋山真之兄弟の話だったので 漱石はちょっとしかでてこない。 この本は、漱石との交友を中心に書いてあるということで そ…

読んだ本 RDG6

余裕がない~と言ってる時にかぎって 予約していた本が、かたまってやってくる。 もちろん、キャンセルすればいいんだが そこは、半年以上も待った本もあるので…。 これも一年くらい待った本。 ちょうど予約した頃、囲碁友がアニメのDVDを貸してくれたの…

物語ること、生きること

上橋菜穂子さんのエッセイ…ではないか、 聞き書きというのか、 瀧晴巳さん、構成、文と表紙にある。 守り人シリーズや、狐笛のかなたになど 十数年前に読んで、ほぼ忘れてしまっていて 読み返そうかなと思っているところだった。 現役の文化人類学の先生を続…

読んだ本 時計坂の家

妹に勧められて読んだ本。 特にこの本というわけではなく 高楼 方子(たかどのほうこ)さんの本はきっとお姉ちゃんが好きなはずと。 ただし、ネズミの本以外という但し書き付きで。 名前を聞いたことがあると思ったら 息子が小さい頃もっていた絵本「まあち…

読んだ本  こんこんさま

こんこんさま 中脇初枝 ずっと気になっていた作家だった。 高校生で「ぼっちゃん文学賞」をとっている。 そのインタビューを、昔、雑誌で読んだ時 柳田国男の本があれば他の本はいらない…というようなことを 語っていて、いつか読んで見ようと思いながら、二…