人形ヒティの冒険

先日、用があり実家へいったときのこと。 実家といっても私が家を出てから、両親が移り住んだ家なので 私の部屋はもちろんなく、なんとなく落ち着く居どころがない。 幸い、子供のころの本は、かなり捨てずに持ってきてくれているので 暇を持て余したら、だいたい本棚の前へゆく。 今回は結構時間があったので「人形ヒティの冒険」を読み返した。 アメリカ、開拓時代 とある家の手伝いに来た行商のおじいさんが その家の女の子に、作ってくれたナナカマドの人形。 次々に持ち主を変えながら過ぎてゆく人形の100年の物語だ。 行商のおじいさんはアイルランド移民。 17センチくらいのナナカマドの木切れをアイルランドでは お守りに持ち歩くのだそうだ。 最初の持ち主の子が、服に人形の名前を刺繍で縫いとりしたおかげで 人形はずっとヒティと呼ばれ続ける。 多分、小6か中1のころだったか、これを読んだ私はすっかり影響されて 布製の人形を作った。 そして柔らかいから、「Sotty」と名付けて服に刺繍した。 それを言うならせめて「softty」だろう! …しかもソティじゃ炒め物だし。 しかしそのころは知らなかったもので…。 img072.jpg こんな感じだったかなぁ。 髪の毛は毛糸だった。 アメリカの100年をヒティは旅してゆく。 ときに先祖伝来のコットンの花嫁衣装用ハンカチでウエディングドレスを作ってもらったりしながら。 (これは今、読んでも見てみたい!子供のころ、どれほど憧れたものか) ※ レイチェル・フィールド 著者  絶版。 図書館にもあんまりなさそう。 2006年に新訳で出版されているようだが、これも絶版。 ただし新訳の題名は「ちいさな人形のちいさな奇蹟」 (…このタイトルはあんまり、しっくりこない) ちなみに原題は「ヒティ」副題が「その最初の100年」