つやつやもっちり白玉団子

 白玉団子は、好きでときどき作っていたが

いつも、分量通りの水ではうまくまとまらず

ちょっとずつちょっとずつ、用心して水を足すのだが

あ!と思った時には、もう水が多すぎて

 

f:id:rinngonotane:20210522185828p:plain

こんな団子になるのだった。

 

しかし、先日

同じ悩みを見事に解決されているブログを読んで

早速、そのとおりに真似して作ってみた。

 

水をちょっとずつ入れるのは、今までやっていたのと同じ。

ほろほろになってきて

予定の水を入れ終わって

まだ、ほろほろ、まとめようと思っても

ちゃんとまとまらない感じ。

 

ここで、今までなら、水をつい足していた。

 

水を足さずに、まとめる、こねる。

まとめる、こねる。

こねこねここねこねこねこねこね…。

こねこねここねこねこねこねこね。

ちょっと回文めいてくるほど、こねる。

(団子粉40分。白玉粉では20分。)

今まで、これが足りなかった。

だんだん、まとまり始めて、つやさえ出てきた。

耳たぶくらい、耳たぶくらいと

こねこねここねこねこねこねこね…

 

これは!

もう、眼からうろこの、しっとり具合。

感動してしまう。

 

 

手が粉だらけなので、途中経過の写真は残念ながらとってない。

 

丸めて茹でているところ。

f:id:rinngonotane:20210522191204j:plain

どうでしょう、このまん丸さ加減。

 

 

f:id:rinngonotane:20210522191929j:plain

いただきます。

 

手伝う?

f:id:rinngonotane:20210522192726j:plain

いやだ。

 

英語では、猫のふみふみ、ビスケット作りというらしい。

(近頃、ネットの猫マンガで仕入れた新知識。)

実は、アンディ、一度もふみふみをしたことがない。

手伝ってくれなくても、しょうがないか。

 

…と、ここまで書いたところで

知り合いに、ちょっと自慢気に話してみた。

すると、思いがけない返事が…

そんなにこねんでも、まとまるよ?分量通りで。

え、え、え?

 

私は、この頃、団子粉を使っている。

そのせいか?と思い、白玉粉で再度やってみたが

やっぱり、そんなに簡単に耳たぶにはならない。

団子粉よりは早かったものの、20分はこねた。

 

今までにない、つやつやもっちりの白玉団子ができたんだが。

どうなんだろう。

そんなにこねなくてもまとまる人はまとまるのか?

 いや、仮にまとまるとしても、

このつやつやもっちりは、こねたからだと思うのだが。。

 

 

 

 

 

 

 

庭の草木とあんず

それほど、毎日降るわけではないが

降るとなったら、かなり雨足が強い。

 

知り合いに頂いた、藍の種。

芽が出たので、地植えにしたけど早すぎたかもしれない。

 

f:id:rinngonotane:20210605175708j:plain

前の晩の強い雨で、くにょん、となってしまったのも。

ほかの場所では、猫に掘りかえされ行方知れずになったのも。。

生葉染めまで、こぎつけるんだろうか。。

 

なぜか、育ちが良くて、可憐さを感じさせない、スミレと

この冬の雪で、ぺしゃんこになったのに見事復活した

しぶといオリズルラン。

f:id:rinngonotane:20210605175921j:plain

 

山から採ってきた、セリ、三つ葉、クレソンは

昨年、バッタに全滅させられるという憂き目にあった。

が、なぜか、三つ葉だけ復活。

f:id:rinngonotane:20210605180119j:plain

復活…というより、庭全体に散らばり、はびこり始めている。

売っている三つ葉の何倍も固い。。。

が、香りは最高。

 

f:id:rinngonotane:20210605180443j:plain

生い茂るので、毎年、チョキチョキ切っていたら

花をつけなくなってしまっていたナンテンが、今年は咲いた。

白いつぼみから小さいかわいい黄色の花が咲く。

今年は、実もつけるといいなぁ。

 

 

昨日。思いがけずあんずをたくさんいただいた。

木で熟れているので、一日置くと痛みそうで

昨日のうちに、いろいろ作った。

あんずで何か作るのははじめてなので

ネットで調べたレシピ頼り…なのに

やり方も分量もそれぞれだし、ジャムもあれば

シロップ漬けも…

迷って、結局、いろいろ作ることにしたのだった。

 

f:id:rinngonotane:20210605181446j:plain

 

 

右奥、あんず酒

左奥、あんずシロップ

前右から あんずジャム(皮付き)

     あんずジャム (皮なし)二つ

     あんずシロップ漬け二つ

 

かなりあんずは酸味が強くて、作っている間、

つまみ食いも、味見もしてないのに口が自然にすぼまってくる。

今のところ、食べられるのはジャムだけど

皮なし、がおいしい。

全部皮なしにすればよかったが、いくつかみたレシピが

皮つきだったので、ペクチンの関係かなと

そのまま作ったのだった。

 

シロップ漬けは、皮をむくようにとのレシピだったので

トマトの湯むきの要領で作業したのだが、

その楽しいこと、楽しいこと。

無心。

 

なので、最後に余ったあんずを失敗覚悟で、

皮むきの楽しさ優先で作ったら、おいしかった。

全部こうすればよかったが、仕方ない。

 

いや、まぁ、楽しい半日だった。

 

 

f:id:rinngonotane:20210605182847j:plain

晩ごはん、おそーい。

 

ごめん。。

 

 

そうそう!

痛みがひどいあんず、数個を庭にうめた。

桃クリ三年だから、あんずも三年くらいか?

数年後、あんずの花が咲き乱れる庭になっている…といいなぁ。

 

 追記

訂正します!

最初に投稿したとき、あんずを杏と書いてました。

漢字にするなら杏子でした。

ひらがなにしました。

     

五月の散歩で見た鳥

5・8 ラブラブ散歩のカモ

 

f:id:rinngonotane:20210530194508j:plain

 

5.9 こちらは家族連れのカモ

f:id:rinngonotane:20210530194552j:plain

 

5.25 カモの子が大きくなっている。

f:id:rinngonotane:20210530194835j:plain

 

通りすがりの人、ほとんど足を止めて見ていく。

カモの子を見ようと、やってきたらしい人もいる。

 

 

ここはスズメがよく水浴びをしているところ。

この日は、ムクドリが水浴びをしていた。

 

f:id:rinngonotane:20210530195814j:plain

ジャボン!

 

f:id:rinngonotane:20210530195854j:plain

バシャバシャ!

 

 

歌うシジュウカラ

 

f:id:rinngonotane:20210530200231j:plain

 

雨が続いた後、シジュウカラたちは、見なくなった。

 

 

さて、前回のこの実、何の実。

確認してきた。

 

f:id:rinngonotane:20210530200657j:plain

あちこち撮って歩いていたので、どの樹だったかわからなくなっていたけど

大体立ち寄ったあたりは覚えていたので

枝ぶりが同じ樹を探したら、ちるるちゃんが言う通り、サクラだった!

 

サクラだったとは。。。

 サクラの実は、赤いの黄色いの黒いのが混ざってるのだとばかり思っていた。。

ほとんど落ちていたが、見つけた一個。

 

小さな白い花は、友達からメールで教えてもらった。

ヒメウズ。

調べてみたら、姫鳥頭…トリカブトに似てるから、鳥頭でウズらしい。

花の形は似てるような気はしないんだが。。

でも、同じキンポウゲ科

 

今はもう、枯れてしまったが、その形もかわいい。

花は枯れて茶色になって中にタネがあるのに

葉は、緑のまま。

f:id:rinngonotane:20210531180837j:plain