「農場にくらして」の焼きりんご

「本の中のおいしそうなもの」シリーズ。

 

「農場にくらして」アリソン,アトリー作にでてくる焼きりんご。

引用すると…

 

クリームにつかっている、ふわっとふくらんだ大きな焼きりんごと、

芯が白くて甘い、シャリシャリのセロリと、お皿に盛られた、自家製の

かりっと焼けたバターつきパンを食べました。

 

これはスーザン一家の、11月のある日の晩ごはん。

ローストビーフとか、骨付き肉とかは、お昼ご飯のメニューのようだ。

 

f:id:rinngonotane:20201120203948j:plain

 

真上から撮ってしまったので、なんなのかよくわからないけど

これは、焼きりんご。

ふわっとふくらまなかった…。

そして、クリームにつかって…になると、生クリームが多量にいるので

クリームはりんご内部にいれた、シナモンも。

 

私は、セロリとパンは、省略。

当然、おやつ。

 

先日、今まで、ずっと読まなかった「時の旅人」(これもアトリー作)を読んだ。

少女が、過去と現在を行き来して、スコットランド女王、メアリースチュアートを

助けようとする人々と出会うという話。

悲劇の女王とかかわるのだから、辛い話だろうなと、今まで読まなかったのだけど

思い切って読んで見たら、そういう感じの展開ではなかった。

 

そして、舞台となるのが、「農場にくらして」ででてくる、農場だった。

「時の旅人」には、「農場にくらして」以上においしそうなものが出てくる。

 

…書いていて、一体自分は、何を読んでいるのかと、ちょっと思ってきた。

…が、しょうがない。

 

「時の旅人」を読み終え、「農場にくらして」を読みかえしたところで

この頃、なかなか見かけない紅玉を見つけた。

買って、焼くしかあるまい!

 

4個入りだったので、ジャムも作った。

紅玉を手にしたら、作るしかあるまい!

 

f:id:rinngonotane:20201120210005j:plain

 

子供のころは、りんごといえば、紅玉だった。

甘酸っぱく、かりっとしていて大好きだった。

今の紅玉は、昔のと、ちょっと味が違う気がする。

齧り心地が違う気がする。

 

f:id:rinngonotane:20141110230109p:plain

それでも、ほかのりんごより、好きなので

やっぱり、齧るしかあるまい!

 

 

秋の収穫 食べられないもの編

今年も、秋のごちそう。

f:id:rinngonotane:20201113202345j:plain

 畑のそばでみつけた、ノブドウ、じゅずだま。

曇久里森でみつけた、サクラとカエデの葉、どんぐり、何かわからない黒い実。

 

食べないとなると、大雑把。

十把ひとからげにどんぐりと言ってしまう。

f:id:rinngonotane:20201113205021p:plain

怒るどんぐり。

 

畑のそばに、アトリの群れがいた、多分。

ピンボケの証拠写真

 

f:id:rinngonotane:20201113203251j:plain

 

騙しだまし(輪ゴムで止めて)使っていたカメラが

とうとう壊れた。。。

スマホじゃ、証拠写真がぼけぼけだなぁ。

 

畑のそばには、モズも、ジョウビタキもいた。

 

帰り道、曇久森のそばの小さな池のある林では

カワラヒワにもあった。

 

モズ、ジョウビタキカワラヒワは自信あり。

 

 

 

 



ひさしぶりの読書感想

予約していたことを忘れてしまったころに

順番が回ってきた「夢見る帝国図書館中島京子

  

返す前に、五回くらい読んだ。

ひさしぶりに、物語の中に迷い込んでしまった。

f:id:rinngonotane:20180924174841p:plain

以下、ネタバレ有りの、わけのわからぬジグソーパズルのような感想。

もし、これから読もうと思ってる方は、読み終えてから、

お出でください!

f:id:rinngonotane:20191031182742p:plain

 

路地。

長屋。

古い図書館。

樹のある公園。

古本。

自由。

戦前の小説。

物語。

嘘と空想の混じった子供のころの思い出。

暗号。

謎。

 

私の好きなものが 混然一体となっている小説だった。

 

登場人物の喜和子さんに、かなり感情移入して読んだけど

喜和子さん、最初は感じ悪かった。

 

「わたし」が強引に喜和子さんに家に連れていかれたところで

その家の描写を読んで、とたんに、喜和子さん派に。

なぜなら、うちの仕事場にそっくりだったから。

自分の単純さに、笑ってしまう。

 

そして

子供のころの、空想の混じった思い出を抱いて

自由を求めて暮らす姿にとても共感したのだった。

 

ただ、不倫は賛成できないけど…

作者が、無縁坂に住ませたかった?

鴎外の小説のエピソードを入れたかったのかなぁ。

 

一葉が好きな喜和子さんが

一葉風文体で書いた、作中の思い出の記は勢いがあって

ありありと情景が思い浮かんだ。

 

f:id:rinngonotane:20190921220431p:plain

喜和子さんの話と並んで、

図書館が主役の物語が一章ごとに挟まっている。

 

たくさんの作家たちが訪れる様子も描かれていて

それもおもしろいのだが

戦争のたびに予算を削られて、いつもお金がないのが、

図書館だったのだと繰り返しでてきて、これが一番印象に残った。

 

f:id:rinngonotane:20200922165259p:plain

いつも、思ってることとちょっとずれてしまう。

難しいので感想を書くのは、やめていたけど

難しいと思うことに挑戦してこそ!などと突然思い立って書いた。

やっぱり、なんだか、ずれているけど、まぁいいか。

どっちも、私のあるある。