ビーツとボルシチ

前回に引き続き、異国の料理。

 

去年、初めて作ったビーツのおいしさに感動し

植え付け面積を倍にし、友達にも、あげるね、あげるねと

騒ぎまくり…

しかし、結局、大不作だったビーツ。

 

私はとてもおいしい!と思ったのだが

畑の管理人さんによると、切ったときの赤い汁が嫌

鍋のなか全部赤くなるのが嫌と、不評だったそうで

この冬は私一人が植えたビーツだった。

 

気候のせいだったのか、

植えるのが私一人ということで

去年のあまりの種だったのが悪かったのか

原因不明だが…

 

大きいのでピンポン玉くらい。

ほんとなら、小さくても握りこぶしくらいには

なるはずだった。

粘りに粘って、畑をすべてからにしないといけない時期まで

置いておいたけど…。

f:id:rinngonotane:20190418195142j:plain

小さいのは親指くらいで、食べられるのか?と思ったが

せっかくなので食べてみた。

 

今回のレシピは…

f:id:rinngonotane:20190418195357p:plain

この本のレシピで。

これはロシア人と結婚して、ロシアに住んでいたシベリカ子さんの

マンガエッセイ+レシピ本。

知り合いからおもしろいよーと貸してもらった。

グッドタイミング。

 

自分で勝手に作ったときは、シチューにビーツを入れただけだった。

これはシチューというより、具だくさんのスープっぽい。

ニンジンは小さくそぐ。(あのけんちん汁用おろし金登場)

玉ねぎはみじん切り。

じゃがいもも小さく。ビーツはゆでて使う!(あく抜き?)

牛肉は薄切り。

f:id:rinngonotane:20190418200014j:plain

レンズが曇った!

 

f:id:rinngonotane:20190418200047j:plain

ぐつぐつぐつぐつ。

 

むー。

おいしいのだが、やっぱり、完熟ではないせいか

少し、あくが強い。甘みもやや少ない。

 

レシピでは、スメタナという、ロシアのサワークリームを入れると

格段においしくなるらしいのだが

近所のスーパーには、スメタナはもちろん、サワークリームも売ってない。

水切りプレーンヨーグルトで代用してみた。

 

来年、もう一度、ビーツを植えたい。

来年こそは、マトリョーシカ

 

そして、この本、ほかにもビーフストロガノフなど

おいしそうなレシピがたくさんあるので、もうしばらく借りていたい。

いや、買ったほうがいいよね。

マトリョーシカ!!

 

 

f:id:rinngonotane:20190418202036p:plain

マトリョーシカの叫びは意味がないです。ロシア感を出したかっただけです。)

 

 

 

異国の合わせ調味料 その2

先日のボルシチの調味料と一緒にもらっていた調味料を

やっと、使ってみた。

イラストからすると、炊き込みご飯っぽい。

米に対するこの調味料の、分量がわからず躊躇していたが、

思い切って作ってみた。

 

f:id:rinngonotane:20190414201408j:plain

 

イラストからすると、肉と多分ニンジン?玉ねぎは見えないが

入れたほうがよさそう。

ニンニクが丸ごと乗っている。

粉の香りは、なにかが無いカレーのようだ。

多分、肉はマトンなのだと思うが、手に入らないので牛肉。

安売りの輸入肉が赤みで、ちょうどよさそうだった。

宗教によって食べられない肉があるはずで、どうかと思ったが

無宗派の私だから、ここはオッケーにしておく。

肉を四角に小さく切って炒め、ニンジンは、あの…なんというのか

けんちん汁とかつくるときにつかうおろし金で小さくおろし

(イラストではニンジンが小さい。)

玉ねぎはみじん切りにして一緒に炒め…

さて、問題のスパイスの量である。

わからないので、ちょっとずつ炒めたものに振りかけて

味見をしてみる。

かしわめしの具くらいの濃さの味付けになればオッケーなのではないかと

大体、振り入れる。全量の半分くらい入れた。

そして、米も炒めて(これはピラフの応用)

炊飯器に。

ここで、イラストと色が違うことに気が付き

すこし、トマトジュースを入れて水加減してみた。

 

f:id:rinngonotane:20190414202059j:plain

炊きあがり!

イラストより、ちょっと色が薄かった。

もうちょっと、トマトジュースを入れてもよかったかも。

でも、写真よりは実物のほうが、もうちょっと赤い。

 

味加減は、我ながら感心するいい塩梅。

おいしかった。

ニンニク丸ごと一個はちょっと多いので残したけど。

 

 

明日は旧暦の桃の節句

f:id:rinngonotane:20190406212913j:plain


小さな博多人形のお雛様。

こっそり、ひそかに旧暦で行事をする運動、継続中。

しかし、先週、仕事でお伺いしたお家、二軒とも絶賛ひな祭り中だった。

やっぱり、福岡は節句を旧暦ですることが多いようで

全然、こっそりでもひそかにでもなかった…。

 

f:id:rinngonotane:20190406220216p:plain

さて。仮名四季往来より桃の節句の話。

菱餅ではなく、草餅を食べるとのこと。

白酒ではなく、桃の酒を飲むとある。

鶏合わせをするという。

実はこの講義、さぼったので、テキストはあるものの

詳しい話を聞いてなく、桃の酒がどんなものか、鶏合わせがどんなものか

わからない。

雛遊びはいつごろから?のおさなさまの問いに

あやの小路おつぼね様は、源氏物語にも、いにしえよりと書かれていると

答えている。

 

f:id:rinngonotane:20190406220216p:plain

f:id:rinngonotane:20190406214656j:plain

やっぱり桃の花。ピンボケだけど。

 

おとといは二十四節気の「清明」だった。

万象がきよらかで生き生きしてくるころだそう。

 

f:id:rinngonotane:20190406214634j:plain

 

キツネノボタンもぴかっと。

やっぱり、この季節がひな祭りに似合うなぁ。